監修記事

〝夫が浮気してるかも〟発覚した時の正しい対処と、浮気した旦那へのNG行動

監修者

坂田探偵事務所 代表

坂田 修宏

監修者

一般社団法人メディカルマインドサポート協会代表理事

渡辺 優子

旦那が不倫していることが発覚してしまった時、ショックのあまり頭が真っ白になってしまいますよね。

  • なんで夫と結婚したんだろう。
  • すぐにでも夫に問い詰めたい。
  • 子供もいるのに、不倫とかありえない。
  • この人と一緒に暮らしていけるかしら。
  • どうやって接していけばいいんだろう。

このように、様々なことを考えてしまい、妻の頭の中はぐちゃぐちゃです。
冷静に保とうと自分に言い聞かせても、普段のように過ごすことはできませんよね…。

辛い心境だと思いますが、夫の不倫が発覚した時こそ、妻は冷静にどう行動するかが大切となります。

この記事では、夫が不倫していることに気づいた時にどのように行動をすべきか解説すると共に、夫の不倫が分かったとしてもやってはいけない行動や注意点について解説しております。

夫が不倫・浮気をしているかもしれない…。なんとなく怪しい。
という人は下記の記事も併せて確認してみましょう。

目次

夫の不倫が発覚した時、妻が取るべき4つの行動

夫の不倫が発覚した時、妻が取るべき2つの行動

もしあなたが夫が浮気をしていることに気づいたときに、始めにどんなことを行っていけば良いかご紹介します。

順序立ててお伝えしていきますので、パニックになって間違った行動をしないようにぜひ実践してください。

妻の取るべき行動①:落ち着いて冷静になる努力する

もし夫が浮気していることに気づいてしまった暁には、ショックでパニック状態になってしまっているでしょう。
そんな時は、冷静に行動することができず、誤ったNG行動をしてしまうことがあります。

そうなる前にまずは、気持ちを落ち着かせることが大切です。
パニックで慌ててしまい、すぐに旦那に「浮気をしているでしょ!!と伝えたとしても、
妻に証拠がない場合は、誤魔化されて・逆ギレされる恐れがあります。

また、旦那に追及しなかったとしても普段と違う妻の姿に、夫も何かを察して浮気の証拠を隠そうとする場合があります。

パニック状態から気持ちを落ち着かせるには

  1. 目をつぶり大きく深呼吸をする
  2. 今の状況を整理して、自分は何ができるのか、何をしたらよいかゆっくりと考える
  3. 周りの人に相談をしてみる
  4. 自分の考えを紙に書いてみる

妻の取るべき行動②:夫と離婚をするかどうか考える

パニック状態から少し落ち着いてきたら、その後に考えるべきことは将来のことです。
不倫した夫と、

  1. 離婚して一人で生きていくのか
  2. 夫婦の関係性を再構築して頑張っていく

のか考える必要があります。

インターネットの記事で多く見られるのが、
不倫や浮気の事実が発覚したら、すぐに弁護士や探偵などに相談しようという内容です。

夫との将来を考えることができず、離婚を前提に話を進めていくのであれば、良い選択肢です。
しかし、全ての夫婦が不倫が分かったからといって、離婚する訳ではありません。

夫に悔い改めてもらい、これからも夫婦として生活したい妻も多くいます。
そのため、まずは自分がどうしていきたいか改めて考え直してきましょう。

夫の将来を考えるコツ

  1. 夫と離婚した場合・離婚しない場合生活がどうなるのか、紙に書いてみる
  2. 子供のことを考えたときに、どちらの方が良い影響があるか考える
  3. 浮気の本気度合いを確認する

妻の取るべき行動③:夫が浮気している証拠を掴む

浮気されたショックで旦那が浮気をしている証拠を探すのは辛いと思います。
しかし、子供がいる家庭では、夫が浮気や不倫をしていることは「子供の将来にも大きく関わる」大きな問題です。

気持ちが落ち着いてからで良いので、少しずつ旦那が浮気をしている証拠を集めていきましょう。

旦那の浮気・不倫した証拠を掴むためにできること

  1. メールやLineの画面をスクショを撮る。
  2. 怪しい日には、盗聴器などをカバンに入れる。
    ※)裁判で違法行為となり証拠にならないこともあります。
  3. スーツのポケット、財布にデートで利用するようなお店のレシートがあるか確認する。
  4. 車のナビ履歴を確認してみる。
  5. 共有する車両のドライブレコーダーで思い当たる日を確認する。
  6. 不倫している可能性がある日から日記をつける。
  7. 不倫相手に損害賠償請求する準備をする。
  8. 探偵に依頼する。

妻の取るべき行動④:浮気した証拠が出るまで追及しない

不倫をしている夫に対して、「浮気しているでしょ。」「あの日帰り遅かったけど何をやっていたの?」など追及したい気持ちは分かりますが、証拠を掴むまではグッと堪えましょう。

妻が夫の浮気を疑っていると夫が知ってしまうと、これまで以上に用心深く証拠を隠したり、しばらく浮気相手とは会わないようにするなどバリアを張ってしまいます。

用心深いほど、夫が浮気をした証拠を掴むことは困難となり、次のステップに進むことができません。
慌てずに順序立て進めていくことをお勧めします。

浮気をしている夫にやってはいけないNGな行動3選

不倫をしている夫にやってはいけないNGな行動3選

夫の不倫が発覚して、怒りたく気持ちも分かりますが、どんなに相手が悪いことをしてもやってはいけないNG行動があります。

怒りで我を忘れてやってしまうと、妻の方が不利な立場になってしまうこともあります。
やり返しをしたいと気持ちも分かりますが、注意しましょう。

浮気をしている旦那へのNG行動①:罵声・何度も責め立てる

夫の不倫が分かったとしてもやってはいけない行為の一つ目は、罵声・何度も夫を責め立てることです。

NGな理由①

夫の不貞行為などに対して、全ての怒りをぶつけたい気持ちも分かります。
しかし、あまりに攻めたてしまうと相手もカッとなり逆上する恐れがあります。

不倫などができる人であれば、場合によっては夫がDVやモラハラをしてくることもあります。

NGな理由②

相手の嫌なところ言葉で発することで、夫を好きだった頃の感情がどんどん減ってしまうためです
夫のことは許せないけど、将来のことを考えると離婚ができないと考えているのであれば、許せない気持ちも分かりますが、少しずつ温和になっていく必要があります。

不倫をした夫が悪いため、イライラした気持ちを抑える必要はありませんが、度が過ぎて夫を責め立てるのは控えましょうね。

浮気をしている旦那へのNG行動②:暴力や職場への嫌がらせをする

「不倫相手や夫の周囲の環境を壊したい」このように、夫に対して憎しみが湧いてくると考えてしまう人もいます。

夫にやり返しをしたい気持ちから、会社に不倫の事実をバラしたり、旦那に日常的に暴力やモラハラ発言をしてしまうと、こちらが訴えられる可能性があります。

相手が苦しむ姿を見て清々したとスッキリした気持ちに一時的になることはできますが、何も解決に繋がっていません。むしろ、より夫婦の関係性が拗れてしまう原因となりますので注意しましょう。

浮気をしている旦那へのNG行動③:不倫相手の家や職場に電話をかける

夫をたぶらかせた女性に対して復讐をしたい」こちらも夫に対する仕返しと同様に、たとえ不倫をされたとしてもやってはいけないNG行為となります。

感情に任せて不倫相手に対して不適切な発言をしてしまったり、暴力などをしてしまうとこちらも立場が一転してあなたが罪に問われる恐れがあります。

離婚なども検討しているのであれば、怒鳴りつけたい気持ちをぐっとこらえて、慰謝料の請求手続きの準備を進めましょう。

浮気をしている旦那へのNG行動④:夫や不倫相手にGPSを取り付ける

NG行動令和3年8月26日に「ストーカー規制法」が改正された事により、GPS機器の取り扱いが厳罰化されました。

GPS機器(スマホ、キッズ携帯、GPS機能を搭載する電子機器等)を相手の承諾なしに車両や私物に取り付け、無断で位置情報を取得する行為が新たにストーカー規制法の対象に追加されています。

夫婦間であってもプライバシーは保護されており、侵害することはできません。
つい、怒りに任せて誤っておこないがちですが、この点を注意しておきましょう。

参考文献:ストーカー規制法|警視庁

浮気や不倫をする旦那の心理5選

浮気や不倫をする旦那の心理5選

そもそもなぜ夫は、家族がいるのに浮気や不倫に手を出してしまうのでしょうか。
リスクがあるにも関わらず不倫をしてしまう心理状態は次の5つとされています。

浮気をする心理その1:刺激が欲しい

不倫をする夫の全てが家庭に不満があるから行っている訳ではありません。
夫婦が円満で良い関係でも、不倫に手を出してしまう男性がいます。
その理由として考えられるのが、いつもとは違う刺激が欲しいためです。

結婚生活が長くなると、目新しさがなくなり、若い頃の恋愛中に感じていたトキメキやドキドキ感は良くも悪くも減ってきます。

  1. 背徳感がある秘密ごとをして日常にはない刺激が欲しい
  2. 不倫相手と会うことでドキドキ感やときめきを感じたい
  3. 日々の生活が当たり前になりマンネリ化している

このように、安易に刺激が欲しいからと浮気や不倫をしてしまう男性も少なくありません。

浮気をする心理その2:妻への不満

夫婦で生活をしていると、不満や納得のいかないことなどは、お互いに多少なり出てきます。
これらを乗り越えてこそ夫婦ですが、「この不満を解消したい」「出来心」などで他の女性に癒しを求めてしまう男性がいます。

家庭のこと考えずに楽しい時間を過ごすことができる
そんな誘惑に負けて、妻には内緒でこっそりと不倫を繰り返してしまうのです。

浮気をする心理その3:家に居場所がない

よく聞く「居場所がないから不倫をしてしまった。」というエピソードを聞いたことがある人は多いでしょう。
このように、旦那が家に帰っても家族から相手にされないような環境であると、「この家は居心地が良くない」とより自分が楽でいることができる環境を求めてしまいます。

家に居場所がないと感じる旦那の行動

  1. 仕事の帰りが遅くなる(残業や飲み会が増える)
  2. 子供や妻が寝るタイミングでこっそりと家に帰る
  3. 会話が少ない

旦那が家に居場所がないと感じる理由

  • 妻と子供は、いつも楽しそうに話をしていて、自分だけが邪魔者、のけ者のような感じがする…
  • 仕事から帰ると、あからさまに皆が迷惑そうな顔をしていて、部外者の気分になる…

このように、旦那は家族からのけ者にされていると感じているようです。
旦那の思い違いだった場合は、しっかりと言葉で伝えてあげる必要があります。

ただ、妻の立場からすると、どんな理由であれ不倫や浮気は許されません。
家に居場所がないというのもただの不倫の理由付けに感じてしまいますよね。
毎日忙しく家事や子育て、仕事に追われて頑張っている自分が、馬鹿らしくなってしまいます。

浮気をする心理その4:魅力的な女性の出現

自分の理想の女性が目の前に現れ誘惑されたら、自分の本能を抑えられる男性は、残念ながらほとんどいません。
このように夫のタイプの女性が現れた場合、誘惑に負けて不倫をしてしまう可能性があります。

もちろん、本当に思っている夫であれば不倫などはしないでしょう。
しかし、次ような感情を少しでも持っていると誘惑に負けてしまうことがあります。

誘惑に負けてしまう夫の心情

  • 夫婦関係に少し不満を持っている。
  • 何か刺激が欲しい。
  • このくらいならバレないだろう
  • 頑張って働いているんだから許されるよな…。

理性を失った男性は、自分の都合の良いように考えてしまうのです。

浮気をする心理その5:セックスレス

そして最後は「セックスレス」という問題。
これには心当たりがある妻たちが多いのではないでしょうか?

もちろん、人によって性欲の強さはそれぞれですし、年齢や体調によっても変化するものですよね。
私たち女性は、子どもが産まれた後、夫を受け入れられなくなる人が多いものです。
夫に愛情がなくなったとか、他に好きな人ができたとか、全くそういう話ではないけれど、出産を機にセックスレスになってしまうことがよくあります。しかし、夫からするとそれが不満で仕方ありません。

妻からは拒否され続け、性欲を満たすことができない日々が続いてしまうと「じゃあ浮気しても良いってことなんだな」と思ってしまいます。

夫に浮気・不倫をされたとき、なりたい将来別の対処法

夫に浮気・不倫をされたとき、将来別の対処法

前述した通り1番肝心なのは、あなたが今後どうしたいのか自分の気持ちをしっかり見極めることです。

浮気を知った直後は、パニックに陥ったり、怒りの感情だけが先走ってしまうため、自分がどうしたいのか判断できなくなっています。

一度冷静になるまで時間を置き、将来どのように生活をしたいか考えてその将来にあった対処法を行いましょう。
下記の2つのパターンが想定されますのでそれぞれの対処法を解説します。

  1. 夫には反省してもらい、離婚せずに一緒に生活していく場合
  2. 夫とは離婚して、生活をしていく場合

パターン①:浮気を許して離婚せず、夫と暮らしていく場合

夫の不倫を見つけてしまったことを伝える

落ち着いた状態で、夫が不倫をしている事実を見つけてしまったことを伝えていきましょう。
ここで、感情に任せて伝えても建設的な話ができません。

怒るのではなく、不倫の事実を踏まえた上であなたが夫とどう過ごしていきたいか伝えましょう。

  • 夫に、「二人きりで話したいことがある」と伝える
  • 夫が不倫をしていることに気づいてしまったことを伝える。
    この時、夫の言い訳をさせないためにも、可能であれば証拠を用意しましょう。
  • 夫の浮気・不倫を見つけてしまった時に、あなたが感じた気持ちや思いを伝える。
  • 不倫されたとしても夫婦として生活をしていきたい意志を伝える。ただ、許すことはできないため、夫婦として生活をするのであれば、条件・ルールなどを提示・一筆書いてもらう。

許せない気持ちだとしても将来のためにもグッと堪えて冷静に物事進めていきましょう。
話し合いの場で、夫が万が一「否定をする」「言い訳ばかり」「逆上する」など反省の色が見えないようであれば、証拠をもとに離婚を検討しましょう。

その2:自分のどんな行動が相手に浮気までさせてしまったのかと考える

浮気をされた時に、多くの女性は「裏切られた」「傷つけられた」と思いがちです。
しかし、浮気や不倫をする旦那の心理5選でもお伝えしたように、

  • 「妻への不満」
  • 「家に居場所がない」
  • 「セックスレス」

などは、浮気の原因を妻が作っているケースもあるのです。

実際妊娠中や里帰り出産中などの浮気も多いのですが、不安定な女性に対して、男性は何の体の変化もありません。

その中で、妻から「父親としての自覚が足りない」や、「もっと気遣ってよ!」などの威圧的な言葉を妻投げかけることも多く、本当は子供が生まれて幸せなはずなのに、満たされない思いを抱く男性も多いのです。

理性では浮気はいけないことだと分かっていても、出産後の男性からは、

  • 「妻は子供のことばっかり」
  • 「帰宅してもご飯すら準備されていない」
  • 「俺は金を稼いでくるだけの存在だ」

などの不満の声を多く耳にします。

女性は人生の一段イベントである妊娠出産や子育てを通じて大変な時間を過ごしていますが、男性は家族を守るためだと頑張って仕事をしています。

それに対して、お互いに労いの言葉をかけたり感謝の気持ちを忘れてしまった時に、人は自分を求める存在を求めてしまうのかもしれません。

もしそうだとしたら、あなた自身がこれから彼とどんな人生を歩んでいきたいのか改めて考えた上で、自分にも原因があったのだとしたら、彼の浮気は一旦横に置いた上で、あなた自身が彼を置き去りにしてしまったことに対して、これからどう向き合って行きたいと思っているのか考えてみましょう。

夫婦は合わせ鏡というように、相手を罰しようという気持ちではなく、お互いに相手への思いやりを忘れてしまっていたのかもしれないと気付くことが大切です。

目の前のパートナーを心から大切にしたいと思うことで、今まで以上に仲良し夫婦になれるのかもしれませんよ。

一般社団法人メディカルマインドサポート協会代表理事

渡辺 優子

「一度選んだ彼の魅力をもう一度思い出してみませんか?」
「やっぱり彼が魅力的だからモテるのかも?と彼とすれ違った理由を見つめてみませんか?」
「離婚はカンタンだけど、再構築をしていく時に夫婦が本当に成長するのかもしれません」

パターン②:夫と離婚を前提とする場合

夫の不倫を見つけてしまい、将来を考えられなくなってしまった場合どのようにすれば良いでしょうか。
気持ちが落ち着いたら自分の一人で判断をするのではなく、どのように行動すべきか専門家(弁護士など)に相談しましょう。

夫には伝えずに、弁護士などに相談する

市役所などでは、無料で弁護士に相談することができる窓口などもあります。
このような窓口を活用して、

  • 夫の浮気を見つけてしまったこと
  • 夫との生活が困難であること
  • 今後どうしたら良いか

など、正しい判断ができるように聞くことをお勧めします。

夫が反省の色を示したら様子をみましょう

今回は〝夫の浮気〟発覚したらどうする?不倫した旦那との将来設計・やってはいけないNG行動について解説してきました。

予想もしていなかった夫の浮気にショックを隠せない妻は大勢いますよね。
家ではひたすら何もせず、家事にも育児にも協力的ではない夫が、他の女性のために一生懸命になっていたと考えると、スパッと離婚してしまいたい気分になるのも痛いほどわかります。

しかし、1人で家計を支えていくのは想像以上に厳しいものです。
慰謝料を貰えたとしても、きちんと夫が払い続けてくれる確証はありません。

将来、どうしたら自分や子供が幸せになれるか」を最も最優先に考えて行動しましょう。
また、不安なことも多くありますので、先輩ママに相談することも一つの手です。

この記事の監修

元警視庁刑事。東京都港区を中心に全国から案件を受注している坂田探偵事務所。主に不倫/復縁/所在調査/家出調査/ストーカー/いじめ/嫌がらせを専門として調査を実施している。

元警視庁刑事 公安委員会 探偵業届出証明番号 第40200001号

この記事の監修

一般社団法人メディカルマインドサポート協会代表理事。13年間臨床で看護師として勤務し、産前産後のサロンで起業。
マタニティセラピストを100名以上輩出し、妊活カウンセラーとしても100名以上の妊娠報告を頂いている。

看護師免許

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

PaMarryの編集部です。
編集部のメンバーは全員既婚者であり、かつ子供がいる家庭となります。
夫婦関係にまつわる「あるある」「なるほど!」な記事を書いています。
ぜひ、夫婦の円満のヒントにご活用ください。

『編集部管理者』
馬鳥 亮佑
ファザーリンクジャパン所属
https://fathering.jp/papafiles/common/20211206_batori.html
クーミル合同会社 代表社員
https://co.pamarry.com/
ファングロウス株式会社代表取締役
https://fun-growth.co.jp/

目次