超ズボラでも出来る片付け術とは?人一倍面倒くさがりでもキレイを保つ整理整頓法

超ズボラでも出来る片付け術とは?人一倍面倒くさがりでもキレイを保つ整理整頓法
  1. 「部屋キレイにしたいな…」
  2. 「いつ人が来てもいいようにできたらな…」

と心の中ではいつも部屋をきれいに出来ればと考えているものの、下を見ると服や物が乱雑に置かれた状態…。

何度も

物があふれている部屋を見て「よし!片付けよう!」

整理収納本や雑誌を読みあさっては、私でも出来るかも!

と感じながらも、結局片付けができない…。
そんな現状に、ストレスを感じていませんか?

  • 片付けたい思いはあるが、面倒くさいが勝ってしまう。
  • 片付けようとするけれど、思うようにキレイにできない。
  • 片付けたいけれど、何から手をつければよいのかわからない。

このような悩みを持つ方へ、今回は、超ズボラな人でもラクして片付け、キレイを維持する方法をお伝えしていきます。
ぜひ、最後まで読んでいただき、あなたの片付け方を見つけてくださいね。

目次

片付けが出来ない人の特徴や心理について

片付けが出来ない人の特徴や心理について

実は社会現象にもなっている「汚部屋(おべや)」問題。
汚部屋とは、物やゴミが散乱してしまい、足の踏み場もないほど物が溢れてしまっている状態の汚い部屋を言います。

汚部屋まではいかずとも、片付けができずにどんどん部屋が物だらけになってしまう経験はズボラな人であればある方も多いのではないでしょうか。

実は、片付けができない人には共通の特徴や心理があります。

片付けができない理由①:面倒くさい・後回しにする

ズボラな人が片付けができない理由として最も多いのが、面倒くさいから片付けを後回しにすることです。
確かに、片付けをするとなると掃除道具を出したり、整理整頓したり意外と労力がかかります。

他にもやりたいことがあるし、片付けをするのは後回しにしようと考えてそのまま忘れてしまいます。

また、使用した後に使ったものを毎回、収納BOXの中に片付けることもめんどくさいですよね。
また明日もどうせ使うしそのままでいっか。」と考えてしまい、自分が使いやすいリビングなどに置きっぱなしにしがちになります。

片付けができない理由②:捨てるのがもったいない

  • 後で使えるかもしれない
  • いつも着ない服だけど勿体無いから捨てられない
  • まだ壊れていないから

このように片付けができない理由の2つ目として勿体無いから捨てられないがあげられます。
このようなタイプは断捨離が苦手で、普通の人が捨てるようなものでも、まだ使えるかも知れないと取っておきます。

さらにズボラな人だと、取っておくのは良いものの、その物自体を忘れてしまい、結果どんどんといらない物が溢れてしまいます。

片付けができない理由③:使ったらその場にポイッ

片付けができない・すぐ散らかる人の特徴として、物を使ったら元あった場所に戻さず、その場にポイッと置いてしまうことです。このようなことをすると、使いたいものが使いたい時に見つからず、家の中で物を無くしてしまいます。

その結果、無くしたら、また購入。購入してもまた無くす…。
これを繰り返して、気づいたら同じものが2〜3個あるなんて状態になることもあります。

特にズボラな人の心理として、元あった場所に戻す事が苦手が人が多いとされます。
そのため、片付けて一時的に綺麗になったとしても、使ったらそのままのため、部屋はすぐに汚れてしまいます。

片付けの苦手な人がやりがちなNG行動

片付けの苦手な人がやりがちなNG行動

片付けの苦手な人がやりがちな行動パターンがあります。
あなたが、片付けたい思いが人一倍強いのに片付けられないのであれば、次のような行動をしていないでしょうか。

やりがちなNG行動①:
収納棚や収納グッズから増やそうとする

収納できそうな棚やグッズを見ると、思わず購入してしまうことが多くありませんか?

とりあえず収納できたとしても、雑然とした感じを受けてしまうでしょう。
それは、物を捨てる前に物を増やしてしまったからです。

物を減らせば、収納できるスペースができます。

そのため、本来なら購入した収納は必要なかったということは少なくありません。
とても便利でオシャレな収納棚やグッズがたくさんあるので、使用してみたくなりますよね。
しかし、まずは物を減らし、物の居場所ができてからにしましょう。

やりがちなNG行動②:
一気に片付けようとする

片付けるのであれば、一気に片付けてしまいたい気持ちが出てきます。
しかし、超ズボラな私たちが溜め込んでいる量は、予想以上に多いのです。

一日で終わらせようとフルエンジンで片付け始めても、想像以上に難航し、モチベーションは急降下。
すると、中途半端な状態のまま終了してしまい、元通り。

一日で終わらせようとせず、一か所ずつで良いのです。
無理なく片付けを継続させながら終わらせるのが、一番の近道となります。

注意点

片付けをしていると想い出がある写真や昔遊んだゲームなど様々な物を発見します。

懐かしさのあまり、片付けを忘れてしまいがちなので、思い出に浸りたい気持ちは一旦置いておいて今日のやることが終わった後にゆっくり楽しみましょう。

やりがちなNG行動③:
いつか使うと信じてとっておく

超ズボラで片付けができない人のやりがちなNG行動③:いつか使うと信じてとっておく
  • 「まだ使える。」
  • 「○○すれば、また使える。」

このように考えて、なかなか捨てられないことはありませんか?
物を大切にすることは、とても素晴らしいことだと思います。

それでもずっと使用していないのであれば、その物の本来の働きができずに、ただ放っておかれているだけなのです。

なくても過ごせていたのであれば、この先も使用することは無いといいきってもよいでしょう。
長年活躍してくれたことに感謝して、ゴミ袋にいれてくださいね。

面倒くさがりでも出来るおすすめ片付け術:
面倒な作業を減らす

面倒くさがりでも出来る片付け術①:面倒な作業を減らす

本屋さんに行くと、自然に整理整頓術が書いてある本や雑誌を手にしてしまわないでしょうか。
私のような超ズボラタイプの多くは、片付けられなくても片付けたい思いは人一倍。

常に、うまく片付ける方法はないだろうかと情報収集しているため、整理整頓についての知識が多いことも珍しくありません。しかし、超ズボラタイプは、できれば面倒なことはやりたくないため、腰が重いのです。

超ズボラな人が重い腰をあげて片付けるための方法はひとつ。
面倒だと思えないようにする工夫をすることです。

では、片付けポイントをあげながら、順番に説明していきますね。

超ズボラな人が片づけるのが面倒だと思うリスト

超ズボラな人が片づけるのが面倒だと思うリスト
  1. 洗濯ものをたたんで家族別に収納
  2. リビングに散乱する家族の衣類
  3. リビングに散乱する子どものおもちゃ
  4. 本棚に入りきらない本類
  5. 宅配の段ボール など

これらを想像するだけでも、めんどくさいと感じる方は多いのではないでしょうか。
これらがめんどくさいと感じるのは、次のような理由が原因と考えられています。

片付けがめんどくさいと感じる原因

  1. 物の定位置が分かりずらい
  2. 物の定位置が決まっていない
  3. 物の定位置を決めすぎてしまっている

物の定位置を決めることで部屋が綺麗になると聞いたことがあり、定位置を決めたとしても段々と面倒になり、適当に置いてしまうなどの経験はありませんか?

このような超ズボラな人の片付けポイントは、「細かく分けずにザックリ居場所を作ること」です。

面倒くさがりでも出来るおすすめ片付け術:
すぐ見つけられる居場所づくり

面倒くさがりでも出来る片付け術②:すぐ見つけられる居場所づくり

細かくきれいに分けられて収納されていれば、見た目も取りやすさも抜群!

できることなら、そのような収納にしたいですよね。
ただし、超ズボラタイプの片付けは、スモールステップがおススメ。

まずは、使いたいときに「必ずここにある!」という物の居場所をつくることからです。

ザックリでも居場所が明確にする

超ズボラタイプは細かい作業を面倒だと感じます。
そのため、見やすく取りやすいザックリ収納がおススメです。

片付けて、かつ整理整頓という概念ではなく、部屋に物が散らかっていなければOKという考え方です。
これが出来るだけでも、部屋全体は綺麗な印象になります。

ザックリ収納の例

  1. 書類は全て1つの箱に入れる
  2. 食品や買い溜め品なんでも箱を作る
  3. ペン類・鉛筆・ホチキス・定規・のりなどの文房具は纏めて一つの箱へ
  4. 保存ができる食べ物を一つの引き出しにまとめる
  5. 掃除道具は、引き出しの一番下段

このようにざっくりと整理するだけであれば、ズボラな人でも面倒くさいと感じずに片付けができるようになりますよ。

片付けが簡単にできる収納BOX

このセットは片付けが苦手な人へお勧めの収納セットです。
IKEAのため組み立てが必須となりますが、簡単に物を分けることが可能です。

メリットデメリット
収納ケースごとにラベリングできる
収納部がたくさんあるため、目的に合わせて利用可能
ザックリ収納に活用できる
SNSでも活用方法がたくさん載っている
自分で組み立てが必要
収納ボックスがパイン材のため重い
組み立てに成人男性一人で30分ぐらいかかる
収納BOXの買い揃える必要がある

面倒くさがりでも出来るおすすめ片付け術:
楽にキレイになる仕組みを作る

面倒くさがりでも出来る片付け術③:楽にキレイになる仕組みを作る

そもそも片付けは、頑張ってするものだと思っていませんか?
そうではありません。

特に、超ズボラなタイプにとっての片付けは「いかに楽をできる仕組みを作るか」です。

  1. 無駄に動く距離を少なくして日常生活を楽にする
  2. 片付ける回数を減らして楽にする
  3. 片付けなくてはと思う回数を減らして精神的に楽にする 

「こうしたら動作がラクになりそう」と考え、まずは試してみましょう。

片付けが苦手な人がよくやりがちなのは、すぐに整理収納のためのグッズなどを購入しようとすることです。

片付けようと思ったとき、整理収納グッズをとりあえず購入というのはやめましょう。

まずは、家にあるもので代用してシミュレーションします。

シミュレーションで使用するものは、ためがちな紙袋や空き箱で十分。

超ズボラな人は片付けのとき、オシャレさとキレイさを同時進行しないようにしましょう。

片付けを楽にする仕組み①:収納場所の配置を変えてみる

整理整頓の本などに「生活導線を考える」と、よく記述されていませんか?
生活導線は、その時の状態や環境など人によって違います。

一つの動作をしようとするときの移動が多いとその分、面倒くさいと感じる気持ちが増えます。
物に合わせて合わせて自分が動くのではなく、自分の動作に合わせて物を配置するとの視点で片付けてみましょう。

収納場所の工夫例)

小さなお子さんがいる家庭では、歯磨きの仕上げ磨きをリビングですることもあると思います。

生活導線で考えれば、その時の子どもの歯磨きセットは、洗面所ではなくリビングでも良いのです。

また、子どもが小さいときのお母さんの化粧道具なども化粧台と決める必要はありません。

日中子どもと過ごす部屋の棚に収納すれば、子どもから目を離さず、お化粧道具をサッと用意して支度ができます。

ズボラな人向けお勧めアイテム

¥5,246 (2022/10/19 20:31時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

こちらのアイテムはベットのマットの横に差し込むことで簡単に収納スペースを作ることができる画期的なアイテムです。

ベットから動きたくない日はありませんか。
そんな時でも、ベットから一歩も動かずに欲しい物をすぐに手に取ることができる優れものです。

  • ベットに横になりながら、テレビを見たい人はリモコンを。
  • ベットに横になりながら、本を読みたい人は好きな本を。
  • ベットに横になりながら、スマホをいじりたい人はスマホを。

このように使用用途がたくさんあるだけなく、ある程度整理整頓が可能です。
物がなくなる心配を減らすことができます。

片付けを楽にする仕組み②:目的別にズボラ収納する

片付けを楽にする仕組みの2つ目として、目的別に1箇所にまとめてズボラ収納を実施することです。
ズボラ収納とは、1つ1つの定位置を決めずに、自分のやりたいことに合わせて物を纏めて収納する方法です。

  • テレビを見たい時用のズボラ収納セット
    入れる物:テレビ用リモコン・録画用リモコン・イアホンなど
  • 洗濯物を干す用ズボラ収納セット
    入れる物:ピンチ付きハンガー・ハンガー・子供用のハンガーなど
  • 仕事用ズボラ収納セット
    入れる物:充電器・付属品・筆記用具・パソコン・コード類など
  • 夜の晩酌用ズボラ収納セット
    入れる物:お気に入りのコップ・おつまみ・お皿・お酒など

このように目的別に箱に収納してしまえば、超ズボラな人でも必要以上に動かず済みます。
片付けは、箱にポイポイ入れ定位置に戻すだけ。

手の届く範囲が定位置のため、片付けの動作が少なく済みます。
自分にとって、少しでも面倒がなくラクになるように考えてみましょう。 

面倒くさがりでも出来る片付け術④:断捨離する基準を作る

面倒くさがりでも出来る片付け術④:断捨離する基準を作る

超ズボラで物が溢れてしまっている人が、自分の中で物を捨てる基準を作ることです。
捨てることがなかなかできない人もいますよね。

それは、自分の中で捨てる基準ができていないからなのです。

よくある断捨離する基準

  1. ワンシーズン一度も手を通さなかった服
  2. 痩せたらまた着ようとしている服
  3. いつか着るだろうの服
  4. 少しでも壊れているもの
  5. 1年以上使っていないもの
  6. もらったけど使っていないもの
  7. 用途を即答できないもの
  8. 書類などでデジタル化できるもの

このように自分の中で、物を捨てる基準を作ることが大切です。
1年間全く使わなかったものは、「無くても問題がない」であることがほとんどです。

どうしても物が捨てられない時の対処法

  1. 綺麗になったと感じるまで、1日1個ずつ断捨離をするとルール決めをする
  2. 自分の中で物を持つ数を決める
    例)長袖は〇〇枚までなど
  3. お下がりはフリマアプリで売ったり知人に譲る
  4. 捨てることは悪いことと思わない

面倒くさがりでも出来る片付け術:ラベル貼り

面倒くさがりでも出来る片付け術⑤:ラベル貼り

最後にお勧めの片付けは術は、収納したケースにラベル貼りつけることです。
ラベリングを行うことで、何処に何が入っているかが、クローゼットを開けなくても一目瞭然です。

特に、家族が多ければ多いほど、誰の何が入っているのかラベルを貼ることをお勧めします。

親が子どもに着替えさせる時期は、次のようなラベルもおススメです。

  • 「○○ちゃん 公園用」
  • 「○○くん 保育園用」など

考えなくても、そこから出せば成立するようにしておけば、毎朝の子どもの支度もラクです。
さらに、子どもでも取り出しやすいため、自ら着替えてくれることも。

まずは、収納ができている状態にする。
そこから、少しずつオシャレにしていきましょう。

片付け方法が分からなくなりやすい物の対処法

片付け方法が分からなくなりやすい物の対処法

これまで超ズボラでもできる片付け方法について紹介してきましたが、中々片付けができず、すぐに散らかってしまうものがあります。

  • 山積みの書類の仕分け
  • 散らかりやすい衣服

これらを簡単に片付ける時のコツも確認していきましょう。

山積み書類について

片付け方法が分からなくなりやすい物の対処法:山積み書類について

その1:玄関にシュレッダーとゴミ箱を起き、不要なチラシはその場で捨てる

玄関にミニシュレッダーとゴミ箱を設置します。
玄関に設置する事により、くつを脱ぐ前にいらない広告類をゴミ箱に捨てることが出来、部屋に貯まることを防ぐことが出来ます。

ダイレクトメールなどの個人情報が記載されているものは、即、シュレッダーで処理をする。
溜めてからのシュレッダーは面倒に感じることもありますが、その都度処理すればラクですよね。

ゴミ箱の中には背面がマグネット式になっており、玄関の内側におしゃれに設置することもできます。

その2:家族一人ひとりに専用の書類入れを用意

家族一人一人、別々の書類が届くと思います。
あの書類がない!この書類がない!という事態を防ぐためにも、専用の書類ケースを用意して各々で管理をするようにしましょう。

大切な書類がなくなった場合は、自分の責任にもなりますし、書類はこの収納箱の中にあると共通認識を持つことが出来ます。

大切な書類の保管期間の目安

保管をしておかなければいけない大切な書類はたくさんあると思います。
これらの大事な書類は、専用の書類ケースが必要です。
また、保管すべき期間の目安などがありますのでぜひ参考にしてください。(2022年10月時点)

書類の種類保管期間
購入した家に関係する書類やリフォーム関連7〜10年
年金証書実際に年金がもらえるまで
仕事の契約書7~10年
公共料金の領収書2年※)水道は5年
医療費が1年で10万円を超える場合の領収書控除の申告が終わるまで(期限5年間)
保険関連の書類3年
クレジットカードや通販の明細書5年保管(口座明細も必要)

散らかりがちな衣服について

片付け方法が分からなくなりやすい物の対処法:散らかりがちな衣服について

使うものだけを収納する。他は思い出用の収納へ

使わない物をクローゼットに収納することは、片付けが苦手な人にはお勧めできません。
これらは、「思い出用品」として別の場所へ保管するようにしましょう。

クローゼットには、今着ている服と、今後も着たい服のみとします。
そうすることでクローゼットの中がグチャグチャになり、着たい服が見つからないなどの事態を防ぐことが出来ます。

よく着るアウターは玄関に

超ズボラな人であれば、使用頻度が高いアウターは玄関にハンガーにかけておくことをお勧めします。
イメージとしては、ビジネスホテルの一室のような感じです。

玄関に壁に取り付けるタイプのハンガーラックを設置して帰宅したら靴を脱ぐ前にアウターを脱いでかけてしまいましょう。

合わせて読みたいサイト
『シュフーズ』様は、主婦が困っている事 覚えたい事 知りたい事などわからないに答える 主婦のお役立ち情報サイトがありましたので、よければご覧ください。
シュフーズ | 主婦が使うお役立ち情報サイト

まとめ

本記事では、超ズボラでも出来る片付け術とは?人一倍面倒くさがりでもキレイを保つ整理整頓法について解説しました。

片付けをうまく行うポイントは、「めんどくさいことを無くして、いかに楽をするか」が大切です。
ぜひ本記事を参考に、まずはできることから始めてみてくださいね。

それでは今回の記事のおさらいです。

  • 面倒なことを減らす収納をする
  • 欲しいものがすぐに見つかる居場所づくり
  • 楽に綺麗になる仕組みを作る
  • 自分の中で断捨離をする基準を作る
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

PaMarryの編集部です。
編集部のメンバーは全員既婚者であり、かつ子供がいる家庭となります。
夫婦関係・育児・子育てにまつわる「あるある」「なるほど!」な記事を書いています。
ぜひ、夫婦問題の解決、子育て・育児のヒントにご活用ください。

『編集部管理者』
馬鳥 亮佑
ファザーリンクジャパン所属
https://fathering.jp/papafiles/common/20211206_batori.html
クーミル株式会社 代表取締役
https://coomil.co.jp/

目次